純正よりも安い「互換インク」って一体何?安全性は大丈夫? | 得する年賀状印刷サービス教えます

手間も時間もかかる年賀状作成。価格が安く頼みやすい、お得な年賀状印刷サービスを比較・ご紹介しています。

純正よりも安い「互換インク」って一体何?安全性は大丈夫?



プリンターメーカーの純正インクの代わりに利用できる、互換インク。

安さが魅力ですが、そもそも互換インクとは何なのでしょう?
また純正インクに比べ、なぜこれほどまでに安いのかが気になる…という方は少なくないと思います。

互換インクは安すぎて使うのが不安という方や、プリンターが壊れそうなイメージがあるから、何となく純正インクを使い続けているという方もおられますが、それってもったいないこと。

インク代のコストが高いと感じているのなら、互換インクを使わない手はありません。




互換インクとは何?どういうインク?



互換インクとはその文字通り、純正インクと互換性があり、純正と同じように利用できるインクの事を指します。

純正インクを製造するメーカーとは異なるメーカーが作っているため、インクの中身は全く同じではなく、互換インクによっては中のインクの種類が全く異なっていたり、印刷品質や安全性が低いものも存在します。

互換インクの品質によっては、綺麗に印刷できなかったり、プリンタートラブルの原因になってしまうこともあるため、安すぎる物には注意が必要です。

とはいえ問題なく利用できるのであれば、大幅に印刷コストを下げることができます。



安いインクには「リサイクルインク」「詰め替えインク」も存在する

安いインクというと互換インクが思い浮かびますが、ほかにも「リサイクルインク」や「詰め替えインク」と呼ばれるインクが存在します。

違いについて説明すると…


リサイクルインクとは




リサイクルインクは、使用後の純正インクカートリッジを回収し、あらたにインクを補充したもの。

といっても単純にインクを補充するだけではなく、カートリッジの検査やクリーニングを行ったうえでインクを補充しているため、純正品とまではいかないものの安全性はそこそこ高く、また品質も純正インクに近いものが多いです。

以前は、リサイクルインクを使うとプリンターが故障するといった噂もあったようですが、現在は品質も向上し、そのようなトラブルは殆どありません。



ただ、リサイクルインクの中にはインクの残量表示ができないものも存在します。

理由は、使い切ったカートリッジにインクを詰替えて使われることのないよう、残量0だとプリンターに判断させるためのICチップがインクに搭載されているためです。

そのようなICチップが搭載されている場合、プリンターの残量表示機能をオフにしなければ使えなかったりと、やや手間がかかることがありますが、利用には問題ありません。



価格に関しては、回収したカートリッジの検査やクリーニングでコストがかかるため、純正インクよりは安いものの、互換インクよりも高いものがほとんどです。

参考:リサイクルインクをみる(トナプロ)




詰め替えインクとは




言葉通り、空のインクカートリッジに再補充するためのインクです。

再利用…というところでリサイクルインクと似ていますが、リサイクルインクが回収されてリサイクルされるのに対し、詰め替えインクは自分で詰め替え用のインクを購入し、カートリッジにインクを注入します。

今あるカートリッジに穴をあけるなどしてインクを注入したり、インクとカートリッジがセットになった詰め替え専用のキットなども販売されていますが、品質が不明なこと、また他のインクに比べると安全性は低いです。

当然ですが、プリンターのメーカーにも推奨されないインクであるため、詰め替えインクを利用した場合、プリンターの保証が使えなくなる可能性も高いです。

ただ、コストは安く済みます。

参考:詰め替えインクをみる(サンワダイレクト)






安さだけでなく安全性を考慮するなら「保証付き」互換インクに軍配が上がる

互換インク、リサイクルインク、詰め替えインク等々…。
純正よりも安く買えるインクは沢山ありますが、印刷品質や安全性についてはまちまちです。

印刷品質が良くないだけならまだ良いのですが、プリンターにトラブルが起こってしまった場合、目も当てられません。



またトラブルという程ではないもの、品質の低いインクは目詰まりをよく起こします。

目詰まりを起こすとそのたびにヘッドクリーニングを行わなくてはならず、インクを無駄に大量消費してしまいます。

結局、コストパフォーマンスは良くないのですよね。
時間も無駄にします。

けれど、毎回純正インクを買っていては、コストがかかって仕方がありません。

でも純正ではないインクを使うのは不安。
一体どうすれば…。




そんな悩みをお持ちの方に私がおすすめしたいのは、保証付きの互換インクです。

購入したインクだけに保証がついているものではなく、そのインクを利用したプリンターにも保証が使える互換インクであれば、万が一プリンターにトラブルが起きた場合にも慌てずに済みます。

インク&プリンターに保証がついている互換インクは、純正インクに近い印刷のクオリティを持つものが多く、トラブル自体が起きにくいという点も魅力です。(トラブルが起きづらいからこそ、保証を付けられるともいえますね)

そのような保証付きの互換インクは、互換インクの中ではやや価格は高めになりますが、純正インクはもちろん、リサイクルインクよりも価格が抑えられていることがほとんどであるため、コスト面のメリットも大きいです。

コストと安全性、どちらも両立させたいのなら、保証付きの互換インクの利用がベストな選択だといえるでしょう。




以下は、高品質かつ保証付きの互換インクを販売するメーカーです。

いずれも純正インクと比較すると大幅に安く、リピーターも多数。保証内容がしっかりしているため、互換インクが初めてだという方にも安心して利用できるはずです。

【高品質互換インクの販売メーカー】

インクナビ
インク革命.com


なお、上記メーカーはいずれもインク、プリンターの両方に保証が付いていますが、保証内容についてはそれぞれ若干異なります。利用前にチェックするようにしてください。





年賀状を安く印刷してもらえる年賀状印刷サービスを紹介!


年賀状をできるだけ安く作成できるおすすめ印刷業者と、その特徴について解説しています。 安くても品質高くサービスも充実しています。

コストパフォーマンス重視の方におすすめ。

年賀状印刷サービスを探す

年賀状作成ソフトで作る

互換インクで安く印刷する

年賀状作成の便利情報

ページのトップへ戻る