互換インクは印刷品質が劣る?そんな常識をくつがえず高品質な互換インクをご紹介 | 得する年賀状印刷サービス教えます

手間も時間もかかる年賀状作成。価格が安く頼みやすい、お得な年賀状印刷サービスを比較・ご紹介しています。

互換インクは印刷品質が劣る?そんな常識をくつがえず高品質な互換インクをご紹介



多くの互換インクは、純正インクに比べると印刷品質が劣ります。

理由は、使用されているインクの種類が純正インクと異なっていたり、原材料の品質の差などで、一般的には安ければ安い互換インクほど品質は落ちやすいようです。

簡単な文書を印刷する程度であれば、そのような互換インクでも構わないかもしれませんが、安い互換インクはインクの粒子が大きく(原料の粉が大きい)、ノズルに詰まって印刷物にかすれや線が生じやすかったりします。

また、ノズル詰まりを解消するためのヘッドクリーニングでインクを沢山消費してしまいますし、繰り返せばプリンターにも負担がかかりやすいなど、安いなりのデメリットがあります。

そんな話を聞くと、互換インクを使うのが怖くなりますよね。



しかし、では互換インクはやめておいた方が良いのかというと、そんな事は全くありません。

安い互換インクはおすすめしませんが、互換インクの中にも印刷品質にこだわったインクは存在しており、そういったインクであればトラブルも起きにくいです。

それでいて純正インクよりも安く、互換インクならではのメリットを十分に感じることができるはずです。




印刷品質の高い互換インクのメーカーは?

私がおすすめする高品質な互換インクのメーカーは、以下の通りです。

【高品質互換インクの販売メーカー】

インクナビ
インク革命.com


これらのメーカーの互換インクは、互換インクの中でもクオリティが高く、純正インクに近い品質での印刷が可能となっています。

一部劣るところもありますが、値段の安さを考えれば十分すぎるほどのクオリティを実現しているといえるでしょう。

あと上記メーカーの互換インクは保証が付いているため、購入したインクを使ってトラブルが起きた場合、インク、プリンター共に保証に応じた何らかの対応をしてもらえます。

実際にトラブルが起きた例が少ないからこそ、そのような保証を付けられるのだともいえますね。




純正インクに近い印刷品質を実現




一般的に、安い互換インクにはコストがかからない染料インクが使われていることが多いです。

通常、プリンターが顔料インク系か、染料インク系かで、利用するインクの種類が変わってくるのですが、互換インクはコストを抑えるために、顔料インク系のプリンターであっても染料インクを使用している場合があります。

するとプリンターの特性を活かしきれず、純正インクを使った場合とは印刷結果が変わってくることがあるのですね。

しかし印刷品質の高い互換インクは、純正と同じように顔料インクや染料インクを使い分けているものが多く、純正に近い品質を実現しやすくなっています。

あと、インクそのものにも当然ながら品質の高い低いがあり、品質が低いと印刷物の色が経年劣化しやすい場合もあるのですが、品質の高い互換インクはそういった点にもこだわっています。

原料の選定から手間をかけ、繰り返しテストを行い、純正インクを使って印刷したときと同じような結果が出るよう調整しているんです。




インクの粒子が細かく目詰まりしにくい




これは上記にあげた「インクナビ」のインクに関してですが、インクナビの互換インクは純正インクと同じように、材料に粒子が非常に細かい粉を採用しています。

安い互換インクは染料系であってもインクの粒子が大きいことがあり、ノズルに詰まる恐れがあります。

インクがノズルに詰まると、当然ながら印刷物にはかすれや線などが出ますし、頻繁なヘッドクリーニングでインクを大量に消費してしまえば、何のために安い互換インクを買っているのかわからなくなりますよね。

頻繁なノズルのつまりは、プリンターにも負担をかけます。

粒子の細かいインクはそのようなトラブルが起きづらく、インクも時間も無駄にしません。本当の意味でコストパフォーマンスの高い互換インクだといえるでしょう。



写真の長期保存は純正インクにやや劣る



製品にもよりますが、品質の高い互換インクは、写真印刷でも純正インクに近いクオリティを実現できるものが多いです。

特に印刷直後においては、純正と殆ど変らない仕上がりだと考えて良いでしょう。(インクの種類が何であるのかにもよります)

ただ、印刷した写真の長期保存のクオリティに関しては、純正インクに劣ります。互換インクは写真印刷よりも、オフィス文書の印刷など日常使いに向いているインクなのです。

例えばカメラ屋さんでやってもらえる写真印刷に使われるインクや、長期保存用の純正インクは、劣化しづらいことを念頭に置いて設計されています。

短期間の保存であれば品質にそれほど差はできませんが、写真の保存環境が悪かったり、年単位で長期保存するような場合にはやはり差がでてきます。

価格が高いだけの事はやはりあるんですね。




ただ、安い互換インクで写真印刷したことがある方なら分かると思いますが、安い互換インクでの写真印刷は、印刷直後から純正インクとの品質差がわかるくらい、品質がいまいちであることも少なくありません。

また、写真を長期保存すると色が大幅に退色してしまう事もあります。

そういった低品質な互換インクに比べると、高品質を謳った互換インクの印刷クオリティは高く、色も長く持ちやすいです。

その点を理解しているのであれば、互換インクを写真印刷に使うのも悪くないでしょう。

逆に、大事な写真を長期間保存する場合は、少々高くついても長期保存用の純正インクを用いるようにしましょう。

【高品質互換インクの販売メーカー】

インクナビ
インク革命.com






年賀状を安く印刷してもらえる年賀状印刷サービスを紹介!


年賀状をできるだけ安く作成できるおすすめ印刷業者と、その特徴について解説しています。 安くても品質高くサービスも充実しています。

コストパフォーマンス重視の方におすすめ。

年賀状印刷サービスを探す

年賀状作成ソフトで作る

互換インクで安く印刷する

年賀状作成の便利情報

ページのトップへ戻る