「筆ぐるめ」ならセブンイレブンで年賀状印刷ができる プリンターがなくてもOK! | 得する年賀状印刷サービス教えます

手間も時間もかかる年賀状作成。価格が安く頼みやすい、お得な年賀状印刷サービスを比較・ご紹介しています。

「筆ぐるめ」ならセブンイレブンで年賀状印刷ができる プリンターがなくてもOK!

年賀状作成は、印刷サービスの業者に依頼するよりも自宅で作った方がコストを抑えられます。

ただ、当然ながら自宅で年賀状を作成するには、デザインや宛名を印刷するためのプリンターが必要です。

コストを抑えたくて自宅で年賀状を作成するのに、プリンターやインクにお金がかかってしまうなんて、なんだか本末転倒な気がしてしまうのは私だけではないと思います。




普段は全く使わないプリンターを、1年に一度の年賀状のために買うのは無駄。でも年賀状印刷サービスを利用するのもちょっと・・・。

上記のような方におすすめなのが、「筆ぐるめ」という年賀状作成ソフトと、セブンイレブンのマルチコピー機を使って年賀状を作成する方法です。

その方法なら、プリンターがなくても年賀状が作成できます。




「筆ぐるめ」のネットプリント機能を利用する

年賀状作成ソフト「筆ぐるめ」には、ソフト内の印刷メニューに「セブン‐イレブンで印刷する」という項目が用意されており、作成したデザインのプリント予約ができるようになっています。

富士ゼロックスが提供する、ネットプリントサービスを利用したものです。

ソフトからプリント予約を行うことで手に入れた「プリント予約番号」を、セブンイレブンの店頭にあるマルチコピー機の画面で入力することにより、デザインした年賀状の印刷が行えます。

筆ぐるめで年賀状をデザイン



印刷設定より「セブン‐イレブンで印刷する」を選ぶ



必要事項を入力の上、プリント予約をする



セブンイレブンのマルチコピー機で、プリント予約番号を使用して年賀状を印刷



印刷代の料金を支払う


セブンイレブンへは、「プリント予約番号」と料金を持っていきます。

ハガキはあらかじめ機器に備え付けられているはずですが、持ち込みも可能です。というより、印刷枚数が多いのなら持って行った方が良いかもしれません。

ハガキを持ちこむ場合は、インクジェット用ではなく通常の郵便ハガキを必要枚数持参してください。

インクジェットや写真用のはがきは対応していないそうで、故障の原因になるかもしれないため、使用しないようにしましょう。




セブンイレブンで年賀状を印刷する場合の注意点

セブンイレブンで年賀状を印刷する場合に、頭に入れておきたい注意点がいくつかあります。

・宛名印刷ができない
・1回あたりのプリント枚数の上限は30枚
・フチなし印刷に対応していない


料金はカラー印刷がハガキ1枚につき60円、白黒印刷が1枚20円(いずれも税込)かかります。この価格にハガキ代は含まれません。

後述しますが、年賀状の印刷枚数が多いと、業者の年賀状印刷サービスを利用するよりもコストが高くなる場合があるかもしれません。

またフチなし印刷に対応していないため、デザインしたサイズよりもやや小さく印刷されることと、小さい文字はつぶれてしまう可能性があるため、できるだけ大きく太めの文字でデザインするようにしましょう。

あと、宛名印刷は行えません。
宛名は手書きで対応しなくてはならず、枚数が多くなればなるほど大変です。




このように、結構いろいろと制約は多いです。
年賀状の印刷枚数が多い場合は、諦めてプリンターを買うか、年賀状印刷サービスを利用した方がスムーズにいくかもしれません。

逆に年賀状の作成枚数が少ないのならコストもさほどかからず、手軽で便利なサービスだと思います。




格安の年賀状印刷サービスを使用した方が安い場合も

年賀状は自分で作った方がコストを抑えやすいですが、セブンイレブンのマルチコピー機を利用しての年賀状印刷は、特にカラー印刷の方が割高。

年賀状の印刷枚数が多いと、コストも高くなってしまいます。

場合によっては、業者の年賀状印刷サービスを使用した方が費用を抑えられる可能性もあるのですよね。

以下、セブンイレブンを利用して年賀状を作成した場合の価格と、年賀状印刷サービスの「らくらく年賀状」に依頼した場合の価格とを比較してみました。(価格は2017年11月22日時点)



年賀状10枚を作る場合の価格(税込価格)


【セブンイレブン利用】

ハガキ 520円(52円×10)
カラー印刷 600円(60円×10)

合計 1,120円(ソフト代含まず)

【らくらく年賀状利用】

ハガキ 470円(47円×10)
印刷料金 1,480円
送料 500円

合計 2,450円(会員だと2,353円)


年賀状10枚を作成する場合、年賀状作成ソフト代を考えなければ、セブンイレブンで印刷する方が安くあがります。

といっても、「筆ぐるめ」のソフト代を入れると、そちらの方が高くなってしまうんですけどね・・・。




年賀状50枚を作る場合の価格(税込価格)


一方で、年賀状を50枚作成した場合の価格は・・・

【セブンイレブン利用】

ハガキ 2,600円(52円×50)
カラー印刷 3,000円(60円×510)

合計 5,600円(ソフト代含まず)

【らくらく年賀状利用】

ハガキ 2,350円(47円×50)
印刷料金 2,225円
送料 500円

合計 5,075円(会員だと4,846円)


なんと、50枚年賀状を作成する場合、らくらく年賀状の印刷サービスを利用した方が安くなってしまいました。

年賀状作成ソフト代等も考慮すると、外注した方が大幅に安くなるという計算です。

らくらく年賀状は特に安い業者であり、全ての印刷サービス業者がこの価格設定だというわけではありませんが、かかるコストがほとんど変わらないのであれば、外注してしまった方が楽です。

年賀状作成ソフトとセブンイレブンの組み合わせによる年賀状作成は、年賀状の作成枚数が少ない場合に留めておいた方が良さそうです。







なお、上記の価格は変更となる可能性があること、また計算ミスがないとも限りません。

当ページを見て、年賀状印刷サービス等の利用を検討されている方は、必ずサービス業者のサイトにて、価格をご確認ください。





年賀状を安く印刷してもらえる年賀状印刷サービスを紹介!


年賀状をできるだけ安く作成できるおすすめ印刷業者と、その特徴について解説しています。 安くても品質高くサービスも充実しています。

コストパフォーマンス重視の方におすすめ。

年賀状印刷サービスを探す

年賀状作成ソフトで作る

互換インクで安く印刷する

年賀状作成の便利情報

ページのトップへ戻る